こども記事

ゆうし記者の記事一覧です。

歴史探検

ゆうし記者(2014.6.14)

20140614_yushi_01.jpg

● 大土手山(ルボン山)

文化センターの近くにある大土手山は、約四〇kgの大砲を今の佐倉(志津)の方から大砲の的(不発弾)としてつくられました。三キロメートル先の志津から大土手山まで(当時)はば三〇〇メートルを立入禁止したそうです。
また、当時は頂上に鳥居やらほこらが置かれていて、今は移転されているそうです。

山の南側に大砲が?

工藤さんの話によると当時の大砲が山の南側に?

● 愛国学園

今の愛国学園には、(敬愛高校も)元軍隊の基地がありました。(野戦重砲兵第四連隊)
ここは、現四街道公民館にある土手や松並木も跡として残っている。
ここの松の木は、戦争中松から松ヤニをとって戦闘機の材料にしたそうです。

駅前通りの松の本数は三十三本?三十五本?

今の駅前から大日通りまでずっと続く松並木通りは、植えた時は一〇〇本もあったけど、三十三本という説や三十五本という説もある。(今の本数)

●四街道十字路

四街道十字路は、四街道の名前の名来になった所。四つの街道(東金・船橋・千葉・佐倉)があったことから、四街道と名付けられたそうです。

みなさん、先生になるためにはいろいろな試験を合格しなければなりません。けれども、先生という仕事はとてもやりがいがあるのです。
まず、先生になるためには、大学で勉強し、教育実習をして、都道府県でやっているテストに合格して、やっと一人前の先生になれます。でも、何より大事なことは、「子どもを好きになること」です。
先生は、子どもたちに勉強を教えるだけでなく、夏休み、放課後も、先生たちで集まって、会議をしたり、子供によりわかりやすく教えるために努力しています。
でも、先生たちもストレスがたまります。そのため、先生たちで飲み会をしたり、職員室で盛り上がって毎日を楽しく過ごしています。時には、全校集会でねむくなることも......
みなさん、先生という仕事は、楽しく、時には大変な仕事だということを心にとめ、夢に向かってがんばってください。